公開日  更新日

サイディング外壁の補修とは?補修目安や費用も解説

サイディング外壁は、住宅や建物の美観と機能性を高めるために重要な要素です。

 

この記事では、サイディングの基本情報、さまざまな種類の特徴、補修方法、補修時の注意点について詳しく解説します。また、優良な補修業者の選び方についてもご紹介します。

 

サイディングとは

サイディング外壁は、現代建築において美観保護の両方を提供する重要な要素です。ここでは、サイディングがどのように建物を雨風や紫外線から守り、外観の維持と資産価値の向上に貢献するかを詳しく掘り下げます。サイディングの機能性と美学的重要性を深く理解し、建物の外観を保護し美しく保つための知識を提供します。

  • サイディングは美観と保護のため
  • 雨風・紫外線から保護のため
  • 外観維持と価値向上のため

サイディングの塗り替えは、建物の見た目を美しく維持するとともに、耐久性を強化し、資産価値を保護する役割を果たします。同じ年に建てられた建物であっても、サイディングの適切なメンテナンスを行っている建物は、そうでないものより価値があり、長く住むことが可能です。

 

また、定期的なメンテナンスにより、将来の修繕費用の削減にも繋がります。建物の美しさと機能を長く保つためには、適切なサイディングのメンテナンスが不可欠です。サイディングを活用することで、あなたの建物は長期間に渡ってその価値と魅力を維持することができます。

サイディング外壁の種類

サイディング外壁は、建物の美観と機能性を高める重要な要素です。さまざまな種類があり、それぞれに特徴やメリット・デメリットが存在します。

 

ここでは、主要なサイディングの種類について詳しく見ていきましょう。

窯業系サイディング

窯業系サイディングは、新築の一戸建てや店舗、公共の中高層建物などによく使われる外壁材です。主成分はセメントとパルプや木繊維で、形成後に高温・高圧の「窯」で硬化させ塗装します。この製法が名前の由来です。 デザインが多様で、耐火性、耐久性、品質の安定性が高いのが特徴です。加工がしやすく施工も簡単で、湿式工法のモルタルや漆喰に比べ工期が短く、メンテナンスも簡単です。

 

自然な見た目が古典的な建物に合い、防水性と保温性が高く、長持ちするのがメリットですが、重いため特別な技術が必要なのがデメリットです。

金属系サイディング

金属系サイディングは、とくにガルバリウム鋼鈑などの金属材料を使ったもので、窯業系サイディングに次いで人気があります。 このサイディングは、断熱材を含む三層構造で、表面と裏面の材料によって一体化されています。表面に使われるガルバリウム鋼鈑は錆びにくく、焼き付け塗装により長期間美観を保つことができます

 

金属系サイディングの魅力は、その軽さにあります。外壁の重量がモルタルの約10分の1で、地震の影響を受けにくく、既存の外壁に上張りするリフォームにも適しています。 金属表面は雨や雪の侵入を防ぎ、寒冷地での凍害のリスクを減らします。金属が水分を吸収しないため、外壁材の劣化を防ぎます。

 

また、断熱材の使用と裏面材の熱反射機能により、優れた断熱性を提供します。アルミニウムやガルバリウム鋼板などの使用により、軽量で耐久性があり、現代的な外観を実現します。錆びにくい材質のため、保守も簡単です。ただし、金属の響きやへこみには注意が必要です。

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは、塩化ビニル樹脂などのプラスチックを板状に加工した外壁材です。北米をはじめとする海外では広く普及していますが、日本ではまだあまり一般的ではありません。

 

このサイディングは耐久性が高く、凍害に強いため、とくに寒冷地での使用に適しています。錆や腐食の心配がなく、軽量でメンテナンスが容易なのが大きなメリットです。

 

しかし、窯業系サイディングと比べると、色やデザインの選択肢が限られており、日本では取り扱いメーカーも少ないため、あまり馴染みがないかもしれません。

 

樹脂系サイディングはポリ塩化ビニル(PVC)などの合成樹脂を用いており、水に強く、さまざまな色彩を楽しむことができます。軽量で取り扱いが容易で、コストも抑えやすい特徴を持ちます。ただし、紫外線による損傷や色あせ、高温への弱さには注意が必要です。

木質系サイディング

木質系サイディングは、天然木を主成分としており、その暖かく落ち着いた外観が魅力です。自然な風合いを活かし、環境に配慮した素材の使用が特徴ですが、メンテナンスにはとくに注意が必要です。定期的な再塗装が必要で、水に対する弱さを補うための防水処理が重要となります。

 

木質系サイディングは、天然木に塗装を施しており、その温かみのある外観は、外観デザインにこだわる住宅で好まれています。しかし、天然木は水に弱く、塗装が剥げたり水分を多く含むと外壁の劣化につながるため、こまめなメンテナンスが必須です。これにより、メンテナンス費用も増加します。これらの理由から、現在では木目模様の窯業系サイディングを選ぶケースが増えています。

サイディング外壁の補修目安のサイン

サイディング外壁は、時間と共に劣化し、補修が必要になることがあります。しかし、いつ補修が必要なのかは一目でわかるものではありません。そのため、サイディング外壁の補修が必要な時期を見極めるための明確なサインを知ることが重要です。

 

外壁の劣化の初期兆候から、補修が急務となる明白なサインまで、サイディング外壁の状態を判断するためのキーポイントを解説します。

サイン①塗膜のひび割れ

サイディング外壁の最初の補修サインとして、塗膜のひび割れに注意が必要です。このひび割れはサイディングの表面、つまり塗装された層に現れます。浅いひび割れであっても、これは外壁の保護機能が弱まっている初期段階の兆候と考えられます。塗膜のひび割れは、外壁が日常的に受ける環境ストレス、たとえば温度変化や湿度、紫外線の影響によるものであることが多いです。

 

このようなひび割れを放置すると、水分の浸入を許し、サイディング自体の劣化を早める可能性があるため、早急に対応することが重要です。

 

塗膜のひび割れは比較的簡単に修復できることが多いため、早期の対処がサイディング外壁の長寿命化につながります。専門的な診断とともに、適切な補修方法を選択し、建物の外観と機能を維持しましょう。

サイン②サイディングのひび割れ

サイディング外壁における重要な警告サインの一つに、塗膜よりも深いサイディング自体のひび割れがあります。ひび割れが深くなると、建物の構造が弱くなり、もっと深刻なダメージにつながる恐れがあります。ひび割れから水が入ってしまうと、木材が腐ったりカビや害虫が発生したりする原因になることもあります。サイディングにひび割れを見つけたら、すぐに対処することが大切です。

 

修理の方法はひび割れの大きさや範囲によって異なりますが、ほとんどの場合、専門家によるチェックと修理が必要です。適切に修理をすることで、サイディングの寿命を延ばし、建物を長く守ることができます。

サイン③シーリングのひび割れ

サイディング外壁のシーリング材のひび割れは、外壁の防水機能に問題がある可能性を示しています。これは経年による自然な動きや温度変化、紫外線の影響で生じることが多く、放置すると内部構造へのダメージやカビの発生を引き起こす恐れがあります。

 

ひび割れを発見した場合は、迅速な修理が必要で、通常は専門業者による古いシーリングの除去と新しいものへの交換を行います。定期的な点検と早めの対応でサイディング外壁の機能性を維持し、建物を長期にわたって保護することができます。

サイン④反り

サイディング外壁のもう一つの主要な問題は、紫外線や雨水の影響によるサイディングの反りです。時間とともにサイディングが変形し、外壁の構造的な問題を示唆し、防水性や断熱性の低下を引き起こすことがあります。この反りは、不適切な取り付けや気候変化によるもので、見た目の問題だけでなく機能的な問題も生じます。

 

反りが発生した場合は、専門家による診断が必要で、修理や全面交換が必要になることもあります。早めの対応で建物の損傷を抑え、長期的な健康を保つことができます。

サイン⑤チョーキング

サイディング外壁のチョーキングは、サイディングの表面が粉状になり、触ると白い粉が手に付く現象を指します。これはサイディングの塗膜が紫外線や気象条件の影響で劣化し、その成分が表面化することで生じます。主な原因は長期間の日光露出で、塗膜が劣化するとサイディングは防水性や美観を損ない、最終的には塗膜の剥がれやサイディング自体の劣化に繋がる恐れがあります。

 

チョーキングが見られる場合は、迅速な対応が必要です。この問題への対応策は、外壁を再塗装することです。チョーキングが起こっている外壁では、塗膜の防水機能が弱まっており、雨水を吸いやすくなっている上、汚れも付きやすい状態になっています。

サイディング外壁の劣化を放置する危険性

サイディング外壁の劣化は、見た目の問題だけに留まらず、放置することで建物全体に深刻な影響を及ぼす可能性があります。サイディング外壁の劣化がもたらすリスクと、その危険性について詳しく掘り下げます。外壁の劣化が進行すると、断熱性や防水性の低下、さらには構造的な弱点が生じることもあり、結果として建物の安全性や快適性が著しく損なわれることになります。そのため、早期の対策と定期的なメンテナンスの重要性にも焦点を当てます。

腐食する

サイディング外壁が劣化すると、建物の構造に重大なダメージを与える恐れがあります。外壁が傷むと、雨漏りのリスクが高まり、劣化した部分から雨水が侵入しやすくなります。これにより、建物の内部が湿気で腐食し、大規模な修理が必要になることがあります。

 

また、水分がサイディングの裏側や隙間に侵入すると、木材の腐食や金属部品の錆を引き起こすこともあります。これらの問題は、外壁の防水性が低下したことによるもので、放置すると建物の強度や安全性が損なわれます。そのため、サイディングの劣化や損傷には速やかに対処することが重要です。

かびが発生する

サイディング外壁の劣化により、カビやコケが発生することがあります。これは、外壁の塗装が劣化し水を吸収することで起こり、日陰の部分ではとくに繁殖しやすくなります

 

カビやコケは見た目の問題だけでなく、住む人の健康にも悪影響を及ぼすことがあります。早期に塗装や高圧洗浄で対応すること、定期的なメンテナンスを行うことで、カビのリスクを減らし、建物を長期的に保護することができます。

サイディング外壁の補修目安

サイディング外壁は、建物の外観を決定づけるだけでなく、その保護機能も果たしています。そのため、外壁の状態を維持し、劣化を防ぐためには、定期的な塗り替えが非常に重要です。とくに、8〜10年ごとの塗り替えは、サイディングの機能を維持し、長期的な建物の保全に貢献します。

 

ここでは、サイディング外壁の塗り替えのタイミング、劣化の兆候、そして専門業者による適切な施工方法に焦点を当てます。

  • 8〜10年ごとの塗り替えの重要性
  • 劣化兆候の早期発見と対策
  • 専門業者による適切な施工

サイディング外壁の適切な維持管理は、建物の美観と機能の両方を長期間保つ鍵です。定期的な塗り替えと専門業者による適切な施工は、外壁の寿命を延ばし、将来の大きな修繕費用の削減につながります。

 

このように、サイディング外壁のメンテナンスは、美しさを保つだけでなく、建物自体の価値を高めるためにも不可欠なプロセスと言えるでしょう。

 

関連記事:外壁塗装を行う時期はいつ?季節別の利点欠点を解説

サイディング外壁の補修方法

サイディング外壁は、現代の建築において非常に人気のある素材です。耐久性とメンテナンスのしやすさから、多くの家庭や建物で採用されています。しかし、時間の経過と共に、サイディング外壁は損傷や色褪せの問題に直面することがあります。

 

ここでは、サイディング外壁の補修方法について詳しく解説します。補修作業の基本的な手順から、必要な材料、プロフェッショナルに依頼する際のポイントまで、幅広くカバーしていきます。自分で行うDIYの方法から、専門家による修理まで、あらゆる視点からサイディング外壁の補修について学びましょう。

方法①ご自身で行う

サイディング外壁の小さなひび割れなど、比較的簡単な補修は自分で行うことができます。この方法は、0.3mm以下の細かいひび割れに限られ、塗膜やシーリング材の微細な損傷に適しています。

 

DIYでの補修には、サイディング用の市販塗料やシーリング材を使用します。ひび割れの周辺を清掃し、乾燥させた後に補修材を丁寧に塗りつぶします。この方法は小規模な損傷に限られますが、定期的に行うことでサイディングの寿命を延ばし、大規模な修理を防ぐことが可能です。

方法②業者に頼む

大規模な補修や専門的な技術が必要な場合は、専門の業者に依頼するのが最適です。DIYでは対応が難しい高所での作業や、複雑な補修は業者に任せることで、安全かつ高品質な工事が期待できます。サイディングの交換、大きなひび割れの修復、塗り替えなどを適切に行い、外壁の外観と構造を保護します。専門業者を選ぶ際は、信頼性や実績を重視し、適切な業者を選ぶことが重要です。業者による補修はコストがかかる場合がありますが、長期的な建物の保全につながります。

【補修方法別】サイディング外壁の補修にかかる費用

専門業者にサイディング外壁の補修を依頼する際、費用は補修範囲によって変わります。複数の見積もりを取り、業者の評判と提供するサービスを比較することが重要です。適切な投資をすることで、建物の保護と価値を長期的に維持することが可能です。

 

ここでは、専門業者に依頼した際のサイディング外壁の補修費用に関して説明します。

外壁塗装の場合

サイディング外壁の補修では、外壁塗装が一般的な選択です。この塗装は、外壁の見た目を更新し、紫外線や雨水からの保護を目的としています。また、サイディングの寿命を延ばす効果もあります。サイディング外壁の補修費用の相場は、約60〜180万円です。補修費用は建物の大きさ、使用する塗料の種類、塗装の難易度によって異なり、小規模な家なら数十万円、大きな建物では数百万円以上かかることもあります。高品質の塗料や特別な技術を選ぶと、コストは増えますが、耐久性と美観が向上します。

 

定期的な外壁塗装は、サイディングの劣化を防ぎ、建物の寿命を伸ばすために重要です。 専門業者による施工で、適切な塗料選びと施工が行われ、外壁を長期間保護します。

シーリング打ちの場合

シーリング打ち替え工事は、古いシーリング材を取り除き新しいもので補修する作業で、とくにサイディングやALCボードの目地などの屋外部分で行われます。この方法は1メートルあたり約900円から1,200円で、外壁の隙間を埋めて雨水の侵入を防ぎ、耐久性を高めます。

 

費用は全体で約15〜20万円、足場が必要な場合は追加で15〜20万円かかります。作業範囲や材料により異なるため、部分的な作業であれば安価ですが、全体的なものは高額になります。専門業者による作業が効果的で高い費用と手間ですが、長期的な建物保護には必要なメンテナンスです。

部分張り替えの場合

サイディング外壁の部分張り替えは、交換するパネルの量や材質、作業の複雑さによって変わり、一般的には10〜30万円程度です。損傷や劣化したサイディングパネルを新しいものに交換する作業です。この方法は全面交換よりもコスト効率が良く、迅速に特定の問題に対処できます。局所的な劣化や損傷に適しており、広範囲の作業になると費用は高くなります。専門業者による正確な診断と施工で、外壁の見た目と機能を維持でき、とくに重度の劣化には部分張り替えが有効です。

全面重ね張りの場合

サイディング外壁の全面重ね張りは既存のサイディング上に新材料を重ねて取り付ける補修方法です。一般的には10年ごとのメンテナンス後、30〜40年で重ね張りを検討します。費用は130〜220万円です。大きく劣化した外壁に適し、外観の更新と保護機能の強化に役立ちます。この方法は完全な交換よりもコストと時間を節約できる一方、建物の状態によっては適さない場合もあります。

 

部分補修よりは費用が高いものの、全面交換に比べて効果的です。専門的な技術が必要なため、信頼できる業者に依頼することが重要です。

全面張替えの場合

サイディング外壁の全面張替えは、建物の大きさや材料により異なりますが、一般的には他の補修方法より高額で、約150〜230万円が目安です。既存のサイディングを全て取り除き、新しい材料で外壁を覆う方法です。広範囲の損傷や深刻な劣化がある場合や外観の一新を望む時に適しています。この方法で建物は新しい外観を得て、断熱性、耐久性、防水性が向上します。

 

費用は高く時間もかかりますが、最新の材料を用いればエネルギー効率も改善します。信頼できる業者による施工が重要で、適切な施工で建物の外観と価値が大きく向上します。

優良業者の選び方

サイディング補修を行う際、最も重要なステップの一つが優良業者の選び方です。適切な業者選びは、作業の質、コスト、そして最終的な満足度に直接影響を及ぼします。

 

ここでは、信頼できるサイディング補修業者の選び方を、簡潔かつ効果的なポイントに絞って紹介します。

  • 複数業者から見積もりを取る
  • 実績と評判の確認は必須
  • 隠れ費用の有無をチェック

サイディング補修の際、優良な業者を選ぶためには、まず複数の業者から見積もりを取り、価格やサービス内容を比較検討することが大切です。業者の実績と評判を確認し、地元での経験豊富さを確かめることも重要です。

 

また、隠れた費用がないか、保証やアフターサービスが提供されているかをチェックし、業者の専門知識やコミュニケーション能力も評価します。

 

これらのポイントを踏まえて慎重に業者を選ぶことで、サイディング補修の成功率を高めることができます。

サイディング外壁の総合的な重要性

サイディング外壁は、美しいデザインと安定した品質で広く使われています。主なタイプには、窯業系、金属系、樹脂系、木質系のサイディングがあり、それぞれにユニークな特徴や長所と短所が存在します。補修のオプションとしては、外壁塗装、シーリング打ち替え、部分的な張り替え、全面的な重ね張り、全面張替えなどがあります。これらは外壁の劣化の兆候に応じて選ばれます。

 

補修を検討する際、複数の業者から見積もりを取り、価格とサービスの比較を行い、信頼性のある業者を選定することが重要です。適切に補修を行うことで、サイディング外壁は長期間建物を美しく保護し続けることができます。

 

外壁塗装ならカメダ総合塗装へおまかせください。ビルやマンション、アパートなどの集合住宅を専門に扱っており、豊富な施工実績と高い技術でオーナー様のご要望にお応えいたします。外壁塗装を検討されている方は、ぜひお問い合わせください。