公開日  更新日

アパートの外壁塗装に補助金・助成金を使う流れを解説

アパートの外壁塗装に補助金や助成金を活用することは、経済的な負担を大幅に軽減する絶好の機会です。この記事では、アパートの外壁塗装に使える補助金・助成金、それらを受け取るための条件、申請手順、そして利用時の注意点について詳しく解説します。

 

さらに、補助金・助成金以外の制度、如何にしてこれらを最大限活用するかについても触れています。これらの知識を武器に、効率的かつ経済的に外壁塗装プロジェクトを進めましょう。

 

アパートの外壁塗装に使える補助金・助成金

アパートの外壁塗装を計画している不動産オーナーの皆様に朗報です。予算の心配を軽減し、賢くコストを抑えるための補助金・助成金の情報をご紹介します。

 

ここでは、アパートの外壁塗装に役立つ補助金・助成金の種類、それを利用する流れ、そして受け取るための具体的な条件まで、必要な情報を網羅的に解説します。

  • 費用負担を軽減する方法
  • 申請の手続きとタイミング
  • 受け取り条件の具体例
  • 地域別の支援制度紹介

外壁塗装はアパートの価値を守り、快適な居住空間を提供するために欠かせない投資です。今回ご紹介した補助金・助成金を活用すれば、費用の心配を減らしながら、不動産の維持・向上に必要な工事を実施することができます。計画の初期段階からこれらの制度をうまく利用し、賢い外壁塗装を実現しましょう。

 

関連記事:マンションの外壁塗装にかかる費用とは?費用の抑え方も紹介

 

補助金と助成金の違い

補助金と助成金はどちらも経済的支援を提供するものですが、受け取り条件に大きな差があります。

 

補助金は特定の目的やプロジェクト向けに交付され、申請者の計画が審査をクリアする必要があります。一方、助成金は条件を満たせば誰でも受け取れる形式の支援金で、環境改善や社会貢献活動などの場合に適用されます。審査がなく、申請期間が長いため、補助金よりもアクセスしやすいです。

 

各地方自治体によってさまざまな補助金・助成金があり、名称が似ていても詳細は異なるため、給付の要件はそれぞれの自治体で確認することが必要です。

 

【令和5年】外壁塗装に使える補助金・助成金の例

令和5年現在、各自治体ではアパートの外壁塗装に対する経済的サポートとしてさまざまな補助金や助成金を提供しています。これらの支援策は地域によって異なる内容を持ち、特定の条件を満たせば利用可能です。

 

ここでは、適用条件や申請方法について、さまざまな自治体からの補助金・助成金の具体的な事例を紹介しますが、これらはあくまで一例に過ぎず、全ての自治体の支援策を代表するものではありません。住宅所有者は自身の地域で利用可能な支援策を調べることが推奨されます。

 

【東京都目黒区】住宅リフォーム資金助成

東京都目黒区では、住宅リフォームを検討している区民向けに助成制度を提供しています。この制度は、外壁塗装を含む住宅リフォーム工事費の一部を助成し、予算内で先着順に対応します。助成の条件や必要書類は種類によって異なり、詳細は目黒区の公式ウェブサイトやパンフレットで確認できます。

 

助成を受けるためには、事前申請と工事箇所の10年間の適正保全が必要です。リフォーム計画を立てている区民は、期間内に手続きを行うことで助成金を活用できます。

 

 

参照サイト:住宅リフォーム資金助成 | 目黒区

 

【東京都千代田区】ヒートアイランド対策助成金

東京都千代田区では、ヒートアイランド現象緩和のために屋上緑化、壁面緑化、高反射率塗料や熱交換塗料の塗布、遮熱窓ガラスフィルムの設置、ドライ型ミスト発生装置の設置などの費用の一部を助成しています。これは、都心部の温度上昇を抑えることを目的としており、とくに節電効果や断熱効果の高い塗料の使用や、屋上・壁面緑化が助成の対象です。

 

千代田区内での建物リフォームや緑化を行う際の申請資格や方法は、千代田区の公式ウェブサイトで確認できます。環境改善を目指しながらリフォームコストを抑えるための助成金です。

 

 

参照サイト:住宅リフォーム資金助成 | 目黒区

 

【神奈川県横須賀市】2世帯住宅リフォーム補助金

神奈川県横須賀市では、空き家防止と市内への転入促進を目的に、2世帯同居のためのリフォーム費用に対して補助金を提供しています。市内の一戸建てに住む親世帯が市外から転入する子ども家族と同居する場合、リフォーム費用の半額、最大30万円を補助します。

 

この制度は世代間共生を促し、住宅環境の改善を図るもので、外壁塗装を含むリフォームが対象です。共有部分の改修や高齢者支援を目的としたリフォームが重視されます。

 

補助金の申請資格や方法の詳細は、横須賀市の公式ウェブサイトで確認できます。この補助金を活用して、2世帯での居住空間を快適にすることが可能です。

 

 

参照サイト:2世帯住宅リフォーム補助金~市外から転入する子ども家族との同居を応援!~|横須賀市

【大阪府大阪市】空家利活用改修補助事業

大阪市では、「空家利活用改修補助事業」を通じて、空き家の再利用と良質な住宅ストックの改修を促進しています。

 

この制度は、空家の劣化状態のインスペクションや、性能向上に資する改修に補助を提供し、外壁塗装や内装リフォームなどが対象です。また、地域まちづくりに資する用途への改修を行う非営利団体も補助の対象となります。

 

申請資格は、大阪市内の一定期間以上空き家の所有者や利用者で、改修後の活用計画が必要です。詳細な条件や書類、申請方法は、大阪市のウェブサイトで確認できます。この補助事業を活用することで、空き家の有効活用と地域活性化に貢献できます。

 

参照サイト:大阪市:空家利活用改修補助制度 

【福岡県直方市】住宅リフォーム補助金

福岡県直方市では、市民の快適な住環境整備と地域経済活性化を目的として「住宅リフォーム補助金」を提供しています。この補助金は、市内施工業者による住宅改修工事の経費の一部をサポートし、外壁塗装、屋根修繕、耐震性向上などの工事が対象です。

 

補助の条件や額、申請方法は直方市の公式ウェブサイトで確認可能です。工事業者の選定や工事内容が特定の規定に合致する必要があります。市民がリフォームを検討する際、この補助金を利用して快適な住まいづくりを実現できます。

参照サイト:直方市公式ホームページ|令和5年度住宅リフォーム補助金

補助金・助成金を受け取る条件

住宅リフォームや外壁塗装における経済的なサポートとして、補助金や助成金の活用は非常に重要です。しかし、これらの財政援助を受けるためには特定の条件を満たす必要があります。

 

ここでは、補助金・助成金の申請資格、必要な手続き、そして自治体ごとに異なる受け取り条件について詳しくご紹介します。

 

受付期間内かつ工事着工前に申請している

助成金の申請には期限があり、工事進行中や完了後の申請は受け付けられません。申請期限は各自治体のウェブサイトで確認できます。工事の開始時期を含む計画を施工業者とよく話し合い、申請のタイミングに遅れが出ないよう注意が必要です。

 

補助金や助成金を受けるためには、受付期間内に申請を済ませ、工事着工前に行うことが必須です。計画の明確さを保ち、予算配分を適切にするためにこのルールは重要です。事前に申請期間と工事スケジュールを確認し、適切な計画を立てることが大切です。

 

必要書類が揃っている

補助金や助成金を申請する際には、本人確認書類、登記事項証明書、市税納税証明書、外壁塗装の見積もり書、自治体の申請書などが必要です。

 

とくに外壁塗装の見積もり書の提出が多くの自治体で求められます。申請にはこれらの書類が不可欠で、自治体や制度によって必要な書類が異なるため、申請前に必要書類を確認し、準備することが重要です。不足する書類があると申請が受理されないことがあるので、事前の準備に注意しましょう。

 

自治体で定められた業者を利用している

多くの自治体では、補助金や助成金の申請時に特定の認定業者の使用を条件としています。これは、高品質なサービスと工事の適正を保証するための措置です。

 

とくに、外壁塗装を含むリフォーム工事では、自治体によっては指定された業者のみが補助金・助成金の対象になることがあります。そのため、事前に自治体の指定業者リストを確認し、適切な業者を選択することが申請成功に向けて重要です。自治体によっては、外壁塗装を行う業者に制限がある点に注意が必要です。

 

特定の塗料を使用している

外壁塗装に関する補助金や助成金の申請時、自治体によっては使用する塗料に特定の基準を設定していることがあります。これは、環境負荷の軽減や塗料の耐久性、機能性の確保のためです。

 

たとえば、環境に配慮した塗料や特定の性能基準を満たす塗料の使用が条件となる場合があります。そのため、外壁塗装を計画する際には、事前に各自治体が定める塗料の要件を確認し、条件に合った塗料を選ぶことが大切です。自治体によっては、使用する塗料に条件が課せられていることに注意が必要です。

 

税金を滞納していない

補助金や助成金を申請する際、申請者の税金滞納がないことが重要な条件の一つです。この要件は、公的支援を受けるにあたって、申請者が公共の義務をきちんと履行しているかを確かめるためのものです。

 

申請を行う前に、市町村税や固定資産税を含む全ての税金が納付されていることを確認することが重要です。税金を滞納している場合は、補助金や助成金の申請が却下される可能性があります。したがって、税金を適切に管理することは、これらの支援を受けるための重要なステップとなります。

 

アパートの外壁塗装に補助金・助成金を使う流れ

アパートの外壁塗装における経済的な支援として補助金や助成金の活用は大きなメリットをもたらしますが、そのためには正しい手続きとタイミングの把握が不可欠です。

 

ここでは、外壁塗装プロジェクトで補助金・助成金を利用する際の具体的なステップを、見積もり取得から申請、交付決定の受領、工事実施に至るまで詳細に説明します。これらのステップを理解し、適切に活用することで、アパートの外壁塗装を効率的かつ経済的に進めることができます。

 

ステップ①工事の見積もりをとる

補助金・助成金を申請する前の最初のステップは、工事の見積もりを取ることです。信頼できる業者に外壁塗装の詳細な見積もりを依頼し、工事の範囲、必要な材料、費用の内訳を明確にしてください。この見積もりは、申請書類の一部として提出されるため、正確さが求められます。

 

また、複数の業者から見積もりを取ることで、コストの比較やサービスの質を検討することも可能です。適切な見積もりは、補助金・助成金の申請成功のための重要な基盤となります。

 

ステップ②申請する助成金・補助金を選ぶ

外壁塗装の見積もりが出揃った後は、適切な助成金や補助金の選定に移ります。自治体や各種機関が提供する補助金や助成金には条件や対象範囲が設定されているため、自分のプロジェクトにマッチするものを慎重に選ぶことが大切です。

 

これらの支援プログラムの詳細は、自治体のウェブサイトや関連する公的機関の情報を通じて確認することができます。プロジェクトの規模や目的に応じて最も適した助成金や補助金を選択することにより、工事の費用負担を効率的に軽減することが可能になります。

 

ステップ③助成金・補助金を申請する

まず、必要な書類を集めて申請を行います。とくに、工事開始前に補助金や助成金の申請を完了させる必要がある点に注意が必要です。適切な助成金や補助金を選択したら、正式な申請プロセスに進みます。

 

このプロセスには、工事の見積書や申請書、そして場合によっては他の書類も含まれます。書類は慎重に記入し、提供される情報の正確性を確認してください。申請は通常、オンラインや地方自治体が指定した場所で行われます。提出の締切日や方法に注意し、期限内に全ての手続きを完了させることが大切です。

 

ステップ④交付決定通知を受け取る

助成金や補助金の交付決定を受けた後、工事に着手します。この際、工事開始を示す写真の提出が必要になることがあります。

 

交付決定の通知は、申請が成功したことを示し、通常は書面や電子メールで送られてきます。申請者は通知を受け取った後、指定された手順に従って行動する必要があり、この段階で交付条件や工事の詳細な指示が含まれるため、内容を確認し適切に対応することが大切です。

 

ステップ⑤外壁塗装工事を実行する

最初に、必要な材料と工具を整え、安全措置を確実に行います。塗装作業に入る前には、外壁を清掃し、ひび割れやダメージ箇所を修復します。その後、プライマーを適用して塗装面を整え、選んだ塗料で丁寧に塗り重ねて均一な仕上がりを目指します。

 

作業を進める際は、周囲の環境を考慮し、無理のないペースで進行することが大切です。高品質で美しい外観を実現するためには、専門的な知識と技術が求められます。

 

関連記事:外壁塗装にはどのような種類がある?特徴や選び方も解説

ステップ⑥工事完了を報告する

外壁塗装工事の完了後、工務店は大家さんへの支払いを行い、クライアントに対して工事の完了を報告します。まずは、最終検査を実施して、塗装の品質や仕上がりのレベルを確認します。問題がないと判断されたら、工事前後の写真を用いて施工結果を示します。

 

完了報告書には、工事の詳細、使用した材料、実施された作業の概要を記載し、クライアントに提出します。さらに、将来のメンテナンス計画やケアのアドバイスを追記することで、提供するサービスの付加価値を高めます。

 

ステップ⑦補助金・助成金を受け取る

外壁塗装工事が完了した後、補助金の額が決定され、その補助金を受け取ることができます。工事の完了を示す報告書を提出すると、補助金額が確定し、通常は翌月末に支払われることが一般的です。

 

初めに、住んでいる地域や自治体から提供される補助金や助成金のプログラムの資格要件を確認します。条件に合致していれば、工事見積もり書、施工前後の写真、完了報告書など、必要な書類を集めて申請書を作成します。その後、申請が承認されるまで審査結果を待ち、承認されれば指定された手続きに従って助成金を受け取ります。

 

関連記事:ビルの外壁塗装工事の費用は助成金で抑えられるのか?

 

アパートの外壁塗装に補助金・助成金を使う際の注意点

アパートの外壁塗装に補助金や助成金を使用する際、いくつか重要な注意点があります。

 

まず、注意点①として、補助金・助成金には予算の上限が存在するため、支給される金額がプロジェクトの全費用をカバーしないことがあります。

 

また、注意点②では、補助金・助成金を巧みに利用する悪徳業者が存在する可能性があるため、業者選びにはとくに慎重さが求められます。

 

これらの点を踏まえ、補助金・助成金の利用を検討する際は、計画を慎重に立て、必要な情報をしっかりと把握することが重要です。

 

注意点①予算には上限がある

補助金や助成金を利用する際は、予算の上限を理解することが重要です。これらのプログラムは、支給可能な金額に上限があり、全ての工事費用をカバーするわけではないため、一部の費用のみが補助されます。したがって、プロジェクト全体の予算を立てる際には、補助金や助成金がカバーする範囲と自己負担額のバランスを考慮する必要があります。

 

また、予算上限は申請先やプログラムによって異なるため、事前の詳細確認と計画の調整が重要です。これにより、経済的な負担を適切に管理し、資金を効果的に活用できます。

 

注意点②補助金・助成金を利用する悪徳業者がいる

補助金や助成金を利用する際は、悪徳業者に注意することが重要です。これらの業者は、助成金の利用が可能であると知ると、工事費用を故意に高く設定することがあり、結果的に自己負担額が増加する恐れがあります。また、根拠のない「助成金が確実に受けられる」という約束で工事を勧める業者もいます。

 

業者を選ぶ際は、助成金の制度を理解し、複数の見積もりを比較することが大切です。業者の評判や実績を確認し、不透明な説明には警戒しましょう。契約前には、見積もりと契約内容を書面で確認して自己防衛を図ります。

 

補助金・助成金以外に活用できる制度

外壁塗装の費用軽減には、補助金や助成金以外にも多様な制度が存在します。税制面での優遇措置、地域振興の補助プログラム、金融機関の低利融資など、これらの代替手段を知ることで、外壁塗装プロジェクトの費用負担をさらに軽減することが可能です。

 

ここでは、補助金・助成金以外に活用できるさまざまな制度とその具体的な活用方法を詳しく解説します。

 

火災保険

実は、外壁塗装に火災保険を利用することが可能です。これにはいくつかの条件があります。まず、外壁や屋根の損傷が自然災害などの災害によるものである必要があります。さらに、災害発生から3年以内に申請を行い、工事費用が火災保険の免責金額を超える場合に限られます。

 

火災保険は、台風、雷、地震などによる建物の損傷を補償するため、外壁塗装に関連する費用もカバーすることができるのです。そのため、外壁塗装を検討する際には、加入している火災保険の詳細を確認し、どのような損傷が補償されるのかを把握することが重要です。

 

住宅ローン減税

住宅ローン減税を活用すれば、外壁塗装の費用を抑えることができます。この制度は、自宅の建設やリフォームに住宅ローンを使っている人を対象とし、特定の条件を満たせば所得税から住宅ローン残高の0.7%を控除できます。ただし、外壁塗装の工事だけでは減税の対象にならないので注意が必要です。

 

住宅ローン減税が適用されるかどうかは、住宅ローンの残高、購入年度、改修工事の内容によって異なります。減税を受けるには、工事費用の領収書やローン契約書などの書類が必要です。この制度をうまく利用することで、外壁塗装にかかる税金の負担を軽減し、経済的に得することが可能です。

 

効果的な補助金・助成金利用法:アパート塗装プロジェクトのためのガイド

アパートの外壁塗装は、不動産価値を向上させる重要な投資です。この記事では、補助金・助成金の申請手順や受け取り条件、さらに火災保険や住宅ローン減税といった追加のサポートについて解説しました。これらの情報を活用することで、効率的かつ経済的に外壁塗装を行うための資金面の悩みを解消できるでしょう。

 

外壁塗装ならカメダ総合塗装へおまかせください。ビルやマンション、アパートなどの集合住宅を専門に扱っており、豊富な施工実績と高い技術でオーナー様のご要望にお応えいたします。外壁塗装を検討されている方は、ぜひお問い合わせください。